純系名古屋コーチン 酔人
お問い合わせはこちら

世界遺産 白川郷 名鉄観光バスツアー

世界遺産 白川郷 名鉄観光バスツアー

2015/10/26

白川郷(世界遺産白川郷合掌造集落)は、岐阜県(飛騨国)内の庄川流域の呼称です。大野郡白川村と旧荘川村(現高山市)に相当し、前者を「下白川郷」、後者を「上白川郷」と呼ばれています。今日では白川村のみを指します。白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られています。五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に独特の景観をなす集落が評価され、白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
白川郷の集落は、1995年に世界文化遺産に登録され年間140万人が訪れる人気の観光スポットとなっています。白川郷には、一般公開を行っている民家、民宿、食事処など多くの合掌家屋が点在しています。日本の原風景今に伝える合掌作りの集落を歩きながらゆったりと癒しのひとときを味わえます。

合掌造りは、茅葺(かやぶき)の角度の急な切妻屋根が大きな特徴となっています。屋根の形が合掌した時の手の形に似ているところから、合掌造りと言われるようになったと伝わっています。

合掌造りの小屋組は、白川郷や五箇山のものが有名になっていますが、本来は日本の民家に広く見られた構造です。茅葺きの屋根では、雨仕舞いのために急傾斜の屋根にする必要があり、合掌造が有利です。また、豪雪地帯の積雪時の屋根荷重を支えるのにも都合がよいのです。 白川の合掌造りは、江戸時代後期から明治時代にかけて造られました。
屋根の茅は、40~50年に1度葺き替えが必要で、今も村人や最近はボランティアの人も加わり、葺き替え作業が行われています。
名鉄観光バスツアーは、世界遺産白川郷、木曽路、恵那、、ハイキングツアーなど色々なツアーを行っております。

  

----------------------------------------------------------------------
純系名古屋コーチン 酔人 
愛知県名古屋市中区新栄町3-8 今川ビル2F
電話番号 : 052-973-0801


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。