純系名古屋コーチン 酔人
お問い合わせはこちら

シャブリ 生産地

シャブリ 生産地

2015/10/27

シャブリと呼ばれるワインは、白ワインであり、酸味があり、しかも辛口、ミネラル感があり、種類によっては火打石のようなミネラル感が高いものもありますし、花の香りが楽しめるものまで色々とあります。
シャブリの生産地は、フランスのブルゴーニュ地方の最北端に位置するシャブリ地区と呼ばれる場所になります。
シャブリと言うワインは、生産地の名前が、そのままワインの名称になっているのです。

シャブリの生産地は、4つの格付けが行なわれている畑で葡萄が栽培されています。
この4つの畑は、Petit Chablis、Chablis、1級畑、特級畑という4つになります。

シャブリの生産地の生産区域の割合を見てみると、以下のようになります。

Petit Chablisの畑は全体の約13%、Chablisの畑は67.5%、1級畑は17.5%、そして特級畑は僅か2%と言う割合になっています。
因みに、この区域が開拓されたのは12世紀だと言います。

12世紀に、カトリックキリスト教のシトー派のポンティニィ修道院により、開拓が行なわれたのです。

その後、中世の時代にはイギリス、ベルギー、オランダと言った国々に輸出が行なわれ、現在では世界的に有名なワインとなっています。

尚、シャブリの生産地となる場所の土壌は、牡蠣を初めとして、貝殻の化石が沢山含まれています。
これはキンメリジャン土壌と呼ばれるもので、このような土壌からミネラル感を持つワインが産み出されているのです。

----------------------------------------------------------------------
純系名古屋コーチン 酔人 
愛知県名古屋市中区新栄町3-8 今川ビル2F
電話番号 : 052-973-0801


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。